なんだか引き下がらない不良少年に理路整然と色恋御法度の理由を説く大人ら

「S・Kさんは未だに嬉しい問を講じるね」
 誰もが、N・Mは断じてS・Kを褒めていらっしゃる訳ではなく、中傷を言っている事態に気づいていた。が、S・Kはそれに気付いていないのか。気付いていてわざとそうしているのかは定かではないが、身じろぎする事無く堂々とやる。
「ユニットの中で色事が成立すると、それだけで周りの自分が意思を使い始める。そうなると一般が混乱してしまうんだ。最悪の場合コミュニティそのものが撃滅してしまう。実践に例えてみると分かり易いかもしれない。野球やサッカーでおんなじ分隊の選手二人が、人目が一所懸命熱唱やる中で延々と喋って協調を乱しているのを見ていてイライラしないか?そういう事だよ」
 そこそこ高飛車ではあるものの、N・Mは熱心に分からせようとしていたが、それでもS・Kは噛みつき続けていた。
「んー、それは少し違くないっすか?そーゆーのは同性でもあり得る事態だし」
 S・Kは依然どっか釈然と止める見てくれだった。脱毛ラボ 無料カウンセリング 予約