神経や動物の行動などについて勉強しました

目が覚めたときには12時でした。そして、勉強をしました。動物は受容器、神経系、効果器をはたらかせて状況に応じてさまざまな行動を行います。多くの場合、それらの行動はその動物が生活している環境にうまく適応して、個体が生存し子孫を残すために役立つものとなっています。動物の行動には、生まれながらに行動パターンが備わっていて学習や経験がなくても発現する生得的な行動と、生後の経験などによって発達させていく行動とに区別されます。生得的な行動には、走性のような単純なものから複雑な本能行動のようなものまであります。動物が外部からの刺激に反応して起こす移動運動のうち、方向性が認められる運動を走性と呼びます。走性は刺激の種類によって区別され、光・重力・流れ・化学物質などが刺激となる光走性・重力走性・流れ走性・化学走性などがあります。このようなことを学びましたが、知らないことをいろいろと知れて良かったと思いました。http://www.hotelmoana.com/