IPADの性能が気になりだした今日この頃

音声認識テキスト変換機能アプリを使ってみて滑舌さえ良ければ素晴しい能力を発揮することに気ずきました。
ですからテキストを作成するという内容の問題よりハキハキと喋る訓練にはもって来いなのではないかとも思えます。
現状では考えながらゆっくり作成する暇がある場合には使えますが早口でさっと済ませたいような時には、パワーが必要なのでバッテリー残量や誤変換を少なくする為に雑音の有無などの確認作業が必要となり、いつかそれがなくなる日が来るのを待つ楽しみはありますが、その辺りが不満な点です。
私はほとんどAndroid端末でテキスト作成しているのですが一度でいいからiPhoneやiPadで作ってみたいです。
先日YOUTUBEで見た早稲田の野口先生がiPhoneの音声入力でテキストをサクサクと作成していたシーンが忘れられないせいもありますが。
私はもうすぐ整備品のiPadに手が届きそうなところまで来てるのですがiPhoneとiPadでは音声認識テキスト変換の精度はどちらが優れているのかなんて、かつては全く気にもならなかったことが最近やたら気になってしまいます。